豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

【蕎麦おさめ 実食レポ】目白のミシュラン掲載店!希少な在来蕎麦を食べてきた

【蕎麦おさめ】ミシュラン掲載店が目白に移転オープン!希少な在来蕎麦を食べてきた

目白に「蕎麦おさめ」が2023年4月28日にオープンしました。

さまざまなグルメアワードに選出され、ミシュランガイドに4年連続掲載されている人気のお店です。

これまで西麻布で営業していましたが、豊島区の目白に移転しました。

この記事では、目白「蕎麦おさめ」のアクセスや店舗情報、メニュー、お店の様子、実際に食べた感想を紹介します。

「蕎麦おさめ」は希少な蕎麦を味わえるそば屋

「蕎麦おさめ」は、2018年11月に西麻布にオープンした蕎麦・日本料理店。

2023年3月28日に西麻布の店舗を閉店し、4月28日から目白に移転し営業を再開しました。

数々のグルメアワードで賞を受賞している、名実ともに一流の人気蕎麦屋です。

  • ミシュランガイド東京
    4年連続ビブグルマン掲載(2020~2023)
  • 東京最高のレストラン
    4年連続掲載(2020~2023)
  • 食べログそば百名店 2022

こだわりの在来蕎麦

画像出典:公式サイト

「蕎麦おさめ」では、店主が打つこだわりの在来蕎麦を提供しています。

在来蕎麦とは、その土地で昔から栽培され続けている、品種改良されていない蕎麦のこと。

栽培や収穫に手間暇がかかるため、現在では希少なものとされています。

濃厚な味わいと香りが特徴で、風味豊かなおいしさが楽しめます。

一番おいしいタイミングの蕎麦を提供

「蕎麦おさめ」では各産地の蕎麦の最適な時期を厳選して、当日使用する分のみを自家製粉しています。

産地別に、せいろ、粗挽き、玄挽きを用意し、それぞれの個性を打ち出しているそう。

鮮度と製法にこだわり、おいしさを最大限に引き出した蕎麦を提供しています。

「蕎麦おさめ」の場所・行き方

JR目白駅から徒歩7分。目白通りから路地に入った、隠れ家的な場所にあります。

ケーキ屋「エーグルドゥース」の手前あたりです。

  1. JR目白駅(改札は1つ)を出たら、向かって左方向へ
  2. 駅前すぐの信号を渡り、目白通りを約6分まっすぐ進む
  3. 郵便局、セブンイレブンを通りすぎて、三條陶器店の先の角を右に曲がる
  4. 路地裏すぐ、左手にある古民家

目白の「蕎麦おさめ」に行ってきた

「蕎麦おさめ」は、築100年弱の趣ある古民家にあります。

もともとここは茶道の師範の家で、以前は古民家カフェ「小苦樂(こくら)」が営業していました。

今回のオープンにあたって、内装をリノベーションしたそうです。

「蕎麦おさめ」の暖簾(のれん)をくぐり、引き戸を開けて玄関へ。

玄関からは、木の階段や和を感じる飾り皿が目に入ります。

玄関で靴を脱いで、店内へ。

座席に向かう廊下は、まるで高級旅館のような雰囲気。

縁側からは情緒あふれる美しい坪庭が見えます。

座席は、テーブル席が合計20席。

もともとあった畳み張りの座敷をリノベーションして、床張りのテーブル席にしたそうです。

テーブルは2人席になっていますが、机をくっつけて大人数にも対応可能だそう。

長押(なげし)や欄間(らんま)が美しい、日本家屋の特徴的な造りをした天井。

日本の趣を感じることができる店内は、外国人観光客にも喜んでもらえそうですね。

店内からは綺麗に手入れされた庭が見えて、緑を眺めているだけで癒やされます。

とても心が落ち着く空間が広がっていました。

掛け軸と飾り皿など、インテリアも和を感じるものがそろっています。

古民家の雰囲気をいかした、ノスタルジックでどこか懐かしさが漂う廊下。

昭和にタイムスリップしたような気分が味わえますね。

目白「蕎麦おさめ」メニュー

お蕎麦のほか、食材にこだわった一品料理や、お蕎麦に合うお酒の提供もあります。

お酒は日本酒や焼酎、赤ワイン、白ワイン、ハイボールなどを提供しています。

※価格は税込。
※6月1日からしばらくの間は、ランチは完全予約制・コースのみ可能です。

冷たい蕎麦

  • せいろそば 1320円
  • 粗挽きそば  1320円
  • 玄挽きそば 1320円
  • とろろそば 1760円
  • 汁なしそば 990円

温かい蕎麦

  • かけそば 1320円
  • 揚げもちおろしそば 1760円
  • にしんそば 2420円
  • 汁なしそば 990円

トッピングなど

  •  追加のとろろ 550円
  •  追加のつゆ 275円
  •  追加の薬味 110円

デザート

  • そば茶プリン 660円

コース

コースは前日までの予約が必要です。

  • 昼のそば三昧コース 5,500円
    (粗挽きそばがき、前菜5点盛り、玉子焼き、粗挽きそば、玄挽きそば、せいろ or かけそば、甘味)
  • 夜のおまかせコース 9,350円
    (粗挽きそばがき、八寸、本日の一品、本日の一品、粗挽きそば、玄挽きそば、季節のそば、甘味)

「蕎麦おさめ」ランチコース実食レポ

蕎麦おさめで「昼のそば三昧コース(5,500円)」を食べてきました。

平日の開店時刻11時半に予約していきました。コースの場合は前日までの予約が必要です。

冷たいそば茶

ドリンクメニューの冷たいそば茶(550円)。

一般的には茶色いそば茶が多いですが、こちらの韃靼そば茶は黄色をしています。

ルチン(ポリフェノールの一種)が豊富含まれているため、黄色くなるそう。

香りが良く、すっきりとしていて飲みやすかったです。

粗挽きそばがき

最初に出てきたのは、埼玉県三芳在来種による粗挽きそばがき。

お好みで、わさび、塩、そばつゆをつけていただきます。

そばがきとは、そば粉に熱湯でこねて塊にした、いわば「そばのお餅」のようなもの。

鎌倉時代には食べられていたとされる、そば粉の歴史ある食べ方だそう。

塩で食べるのがおすすめとのことで、塩をつけていただきました。

温かくてやわらかく、ふわふわもちもちの食感がたまりません。

とても香り豊かで、蕎麦の風味が口の中いっぱいに広がります。

プチプチとした蕎麦の実の食感もあり、クセになる味わいでした。

前菜5点盛り

こちらは前菜5点盛り。高級感があるお皿で出てきました。

  • 生湯葉刺し
  • 青大豆の塩ゆで
  • 板わさ”酒粕仕込みのわさび漬け添え”
  • 鴨ロース
  • 車海老の味噌漬け焼き

●生湯葉刺し
在来の大豆で作られた、風味と甘味の強い生湯葉刺し。
もちもちした食感で、コクがある甘くないプリンのような感じ。わさびがよく合いました。

●青大豆の塩ゆで
普通の枝豆よりも歯ごたえがあり、ぷりっとした食感が楽しめます。
ほんのり甘みがあるおいしい大豆でした。

●板わさ
和歌山の南蛮焼きかまぼこを使用した、板わさ。
板わさとは、切った板かまぼこに、醤油とわさびを添えて食べる料理のこと。
酒粕仕込みの濃厚なわさび漬けが添えられていて、上品な味わいでした。

●鴨ロース
とってもやわらかく、臭みがまったくなくてびっくり。
甘い味付けがしてあり、ゆず胡椒がよく合いました。

●車海老の味噌漬け焼き
とてもやわらかく、頭から尻尾まで丸ごと食べられる車海老。
こってり甘い味噌味がおいしかったです。

玉子焼き

銅鍋で焼き上げる、甘くないタイプのだし巻き卵。

食べると出汁がじゅわっと染み出てきます。

薄味の優しい味付けで、出汁がふわっと香る感じがちょうど良いです。

温かくてふわふわの玉子焼きを頬張ると、幸せな気持ちになれますね。

粗挽きそば

長野県の乗鞍高原で栽培された、乗鞍(のりくら)在来種の粗挽きそば。

乗鞍在来種は、一般流通では出回ることがほぼない、幻のそばともいわれています。

粗挽きそばは表面がザラザラしていて、粉の粒子が目で見てわかりました。

そば作りの難易度としては、かなり難しいものになるそう。

お好みで、わさび、塩、そばつゆをつけていただきます。

お箸の先に塩をつけて、塩で食べるのがおすすめだそう。

塩で食べる蕎麦って珍しいですよね。

おすすめ通り、まずは塩で食べてみました。

塩で食べると蕎麦の香りが立ち、風味の強さに圧倒されます。

いい意味で穀物感が強いというか、そば本来の甘みと旨味が凝縮されたような感じ。

かなりコシが強く、噛みしめるとプリッとした食感が楽しめます。

そばつゆでも食べてみました。

そばつゆは濃いめで、ほのかに甘味があるスッキリした味。

風味の強い粗挽きそばに負けない、おいしいそばつゆでした。

塩はもちろん、そばつゆで食べてもおいしかったです。

玄挽きそば

鳥取県 伯耆町(ほうきちょう)で栽培された在来種の玄挽きそば。

玄挽きそばは麺に蕎麦殻を練りこんでいて、味わい深い風味を引き出しています。

玄挽きそばも、最初は塩でいただきました。

蕎麦そのものがシンプルにおいしい……! とっても香ばしいです。

粗挽きそばほど硬くはなく、適度な噛みごたえともっちりした食感が楽しめます。

素朴な味わいのなかにも上品さがあり、噛めば噛むほど甘味が感じられておいしかったです。

かけそば

千葉県 成田在来種の十割そば。

最後のそばは、「冷たいせいろそば」「温かいかけそば」のどちらかを選べます。

私は温かいかけそばにしました。

優しい味のつゆで食べるかけそばは、ほっとする味。

かつお出汁とそばの香りが立っておいしかったです。

そばはやわらかめで、スルスル食べることができました。

そば湯

ひととおり蕎麦を楽しんだら、締めにそば湯が登場。

こだわりのおいしいつゆと、旨味が濃縮したそば湯は最高の組み合わせ。

味わい深い絶品そばつゆスープになりました。

心も胃袋も癒やされて、ほーっとため息が出ちゃいます。

そば茶プリン

デザートはそば茶プリン。

何から何まで蕎麦づくしで、蕎麦好きにはたまらないですね。

蕎麦の実がのった、甘さ控えめプリン。

サッパリ食べられるけど、香ばしさがあり濃厚な味でした。

ほうじ茶スイーツの味に近いように感じました。

ポリポリした食感のそばの実が、香ばしくておいしかったです。

温かいそば茶

最後に温かいそば茶が出てきて、コースが終了。

一品一品丁寧に作られていることが伝わってくる、とても満足感のあるコースでした。

いろいろな産地の蕎麦を食べ比べできるのは、楽しいですね。

これまで知らなかった蕎麦のおいしさに出会えました。

「蕎麦おさめ」で蕎麦の奥深さを感じてみよう

濃厚な風味を持つ、日本古来の希少な在来蕎麦を味わえる「蕎麦おさめ」。

築100年弱の古民家で味わう絶品蕎麦は、お腹も心も満たしてくれました。

いつまでもいたくなるような、素敵な雰囲気の店内にも注目です。

目白の「蕎麦おさめ」でこだわりの蕎麦を堪能してみませんか。

「蕎麦おさめ」アクセス・店舗情報

※蕎麦がなくなり次第、早めに閉店することがあります。
※6月1日からしばらくはランチは完全予約制・コースのみとなります。

  • 【営業時間】
    火~土:11時半〜14時半(LO.14時)
    火~土:17時半〜21時(LO.20時)
    日曜日:11時半〜14時半(LO.14時)
  • 【定休日】月曜
  • 【住所】東京都新宿区下落合3-21-5
  • 【電話】03-6908-2362
  • 【アクセス】
    JR目白駅 徒歩7分
    西武池袋線 椎名町駅 南口 徒歩11分
  • 【座席】20席
  • 【個室】あり(4名用 1室5,500円)
  • 【喫煙】禁煙(屋外に喫煙スペースあり)
  • 【支払い】現金、クレジットカード
  • 【駐車場】近隣にコインパーキングあり
  • 【駐輪場】なし
  • 【ネット予約】こちら
  • 【HP】公式サイト

 

「メジロパン」が目白・椎名町にオープン!素朴で懐かしい味わいのパン屋さん
「メジロパン」のアクセスや店舗情報、販売メニュー、店内の様子、実際にパンを食べた感想を紹介します。目白・椎名町にオープンしたパン屋・ベーカリーです。
中村麺兵衛 池袋東口店をレポート!もりそばと厚みかつ丼を食べてきた
中村麺兵衛(なかむらめんべえ)池袋東口店のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に行った感想を紹介します。厳選した食材を使った十割蕎麦や、丼・天ぷらがお手頃価格で食べられるチェーン店です。
【目白ランチ】地元民が教えるおすすめ12選!おしゃれカフェや子連れ向けも【実食レポ】
目白ランチに詳しい地元民が選ぶ、目白のおすすめランチ!実食レポとともに詳しく紹介します。目白には、イタリアンやフレンチ、おしゃれなカフェ、和食、コスパの良い安いお店、おひとり様向け、子連れ向けなど、さまざまなランチのお店が揃っています。

※情報は記事掲載時のものです。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

グルメ
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴11年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、目白、椎名町あたりによくいます。

としまらいふ