豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

【2023年春】北海道展 実食レポ!池袋東武で開催中「海明け 雪どけ ぐるめぐり大北海道展」

【北海道展】池袋東武「海明け 雪どけ ぐるめぐり大北海道展」に行ってきた

↓最新の北海道展情報はこちら

【池袋東武 北海道展】2023年9月27日までから「ぐるめぐり 秋の大北海道展」を開催
東武百貨店 池袋本店で「ぐるめぐり 秋の大北海道展」を2023年9月14日(木)~27日(水)に開催します。 人気の海鮮やお肉のお弁当やお惣菜、メロンのスイーツなど、北海道の恵みがたくさん詰まった北国グルメが集結します。 2023年9月14...

2023年4月25日(火)~5月9日(火)まで、池袋東武で「海明け 雪どけ ぐるめぐり大北海道展」を開催中です。

開催初日に行って、味噌ラーメンを食べたり、お弁当やお惣菜・スイーツを買ったり、北海道グルメを楽しんできました。

2023年「春の大北海道展」の各出店の様子や、食べたもの・買ったものを紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

初日からたくさんの人であふれていて、大盛況でした!

「海明け 雪どけ ぐるめぐり大北海道展」が4月25日からスタート

画像出典:公式サイト

2023年4月25日(火)~5月9日(火)まで、池袋東武で「海明け 雪どけ ぐるめぐり大北海道展」を開催中です。

大北海道展は、バイヤーが発掘・厳選した北海道各地のグルメが集結する人気イベント。今回は約90店が出店しています。

前期(4月25日~5月2日)、後期(5月3日~5月9日)の2回にわけて開催します。

バイヤーイチオシの絶品スイーツや、贅沢グルメ満載のGWスペシャル弁当など、注目商品が盛りだくさんです。

池袋東武 春の大北海道展の初日に行ってきた!

開催初日の15時ごろ行きました。毎度のことながら、会場は人であふれていて大盛況。

どのお店も人が並んでいて、かなりの熱気を感じます。

会場の中から、気になったものをいくつかご紹介します。

木古内町「ヤママル成澤水産」のあわびやホタテ、ウニを贅沢に使ったお弁当。

貝好きの人にはたまらないお弁当ですね。

札幌市「蔵」の海鮮弁当。旬のおいしさがたっぷり詰まっています。

帯広「掛村」の豚丼。醤油味、塩味、ピリ辛など、さまざまな味の豚丼が販売されていました。

函館の海産物を扱う、山丁長谷川商店。

昆布や干物など、新鮮で良質な函館の海産物を販売しています。

明治16年創業、函館の老舗「宮原かまぼこ」。

トーストサンドやコーンのちぎり揚げなど、珍しいメニューもありました。

函館「幸寿司」の種類豊富なお寿司弁当。(イートインもあり)

サクラマスや春にしん、赤縞海老など豪華な海鮮が楽しめる握り寿司。

鮮度抜群の海の幸を存分に堪能できるラインナップです。

函館の新鮮なニシンや小女子(こうなご)、鯨のベーコン、イクラなど。

ファットリアビオ北海道のチーズ。

北海道産100%の新鮮な生乳を使い、南イタリアのチーズ職人ジョバンニ・グラツィアーノが作りあげた本格的なチーズです。

北海道の食材をふんだんに使った、冷凍焼売。

札幌ザンギ本舗のジューシーなザンギ。若鶏の半身揚げも気になります。

北海道八雲町のイタリアン「八雲イタリアン ピアット」の冷凍ピザ。(右の写真は以前購入したときのもの)

フライパンまたはトースターで温めるだけで、こだわり食材のピザを手軽に味わえます。

皮ごとまるっと食べられる、坊ちゃんかぼちゃのグラタン。

北海道十勝産の「坊っちゃんかぼちゃ」をくりぬいて、北海道豊富町産の牛乳で作った濃厚なホワイトソースを詰めたグラタンです。

札幌市「札幌豊平館厨房」の豪華なステーキ弁当。

十勝の黒毛和牛のやわらかい上質なサシ、ヒレ、サーロインなどが楽しめます。

調味料など、北海道の食品を集めた物産品コーナーも充実。

家で手軽に味わえる、レトルトのスープカレーやラーメン。

「ふらのワイン」が販売する種類豊富なワイン。

ぶどうの栽培からこだわりぬいて作られています。

富良野市「菓子工房 フラノデリス」の雪どけブリュレタルト。東武限定品です。

ブリュレと生クリームがマッチした、優しい口どけのタルトです。

定番の人気おかき「北菓楼(きたかろう)」。いろいろな味が楽しめるおいしい一口サイズのおかきです。

大北海道展に毎回出店している、おやじダイニングのコロッケ。(右の写真は以前購入したときのもの)

サクサクの衣にホクホクのじゃがいもがおいしい、人気商品です。

数量限定200個のアスパラベーコンチーズコロッケは、早々に売り切れたそうです。

Haus Von Frau Kurosawa(ハウス フォン フラウ クロサワ)のバウムクーヘン。

ふらの牛乳、北海道よつ葉バターほか、道産素材や厳選された国産素材を使用しています。

バウムクーヘン博覧会で2位を受賞した、クリスピーバウムクーヘン。

生地にも焼き方にもこだわり、外側はカリッとクリスピー、内側はフワッともっちりした食感が楽しめます。

1日20個限定、ルタオの「北海道いちごマスカルポーネ」(2,610円)

北海道マスカルポーネチーズとオリジナル生クリームをあわせた濃厚なムースに、甘酸っぱいイチゴをのせた春のショートケーキです。

おなじみのロイズには、ロイズタウン工場直売店でしか買えない「ロイズタウン」が!

JR北海道 札沼線「ロイズタウン駅」開業を記念したパッケージデザインです。

中は特大の板チョコレートが入っています。

札幌「KOKAGE」のスイーツ缶。左から、メロン、ミックスフルーツ、ティラミス味。

メロンスイーツ缶は東武限定品で、各日販売100個となっています。

KOKAGEには、まるでマンガに出てきそうな可愛いチーズケーキもありました。

スープカレー屋「奥芝商店」が作る本気のカレーパン。(右の写真は以前購入したときのもの)

ジューシーな牛肉や、スパイシーなキーマカレーが楽しめます。

アリスファームの自家製ジャムやシロップ。

北海道展で毎回必ず買うという根強いファンが多い、人気商品です。

北海道中標津町にある、養老牛山本牧場。コクがありながらすっきりとした味わいの「養老牛放牧牛乳」を販売しています。

放牧牛乳のソフトクリームのイートインや、 濃厚なプリンの販売も。

富良野牧場では、ベーコンチーズとアスパラ巻きがおいしそうだったので、購入しました。

北海道富良野で育んだ精肉から作り出すハムやソーセージなど、素朴ながらもおいしさあふれる商品を販売しています。

お食事処・イートインも大人気

札幌市「氷屋mococo」のふわふわ食感が自慢のかき氷。

ミルク味付きの特別な氷を使用した、こだわりのかき氷です。

食べたかったのですが、行ったときは提供まで40分かかるとこのことで見送りました。

幸寿司の海鮮問屋お寿司のイートイン。メニューが豊富で驚きました。

お食事処のラーメンは、今回は札幌「麺屋 一馬」が来ていました。

15時ごろ行ったときは、東武限定スペシャル味噌ラーメンは売り切れでした。

「麺屋 一馬」のラーメンは5月2日(火)までの販売で、3日(水)からは札幌「らーめんつけ麺 NOFUJI」が登場します。

麺屋 一馬の味噌ラーメンをイートイン

札幌「麺屋 一馬」の味噌ラーメンをイートインしました!

15時ごろ行ったときは、とくに並ばずすぐに入れました。

平たいラーメン丼に入った、熱々の味噌ラーメン。

具材は、チャーシュー1枚、京都産九条ネギ、キクラゲ、メンマ、生姜。

生姜の風味が食欲をよりかき立ててくれます。

香りが特徴的な味噌ラーメンのスープ。

香ばしい味噌スープに、中太ちぢれ麺がよく絡んでとってもおいしいです。

チャーシューも大きめで食べごたえがありました。

濃厚な風味がありつつも比較的あっさりしたスープは、とても好みの味でした。

まろやかでとても飲みやすく、ゴクゴク飲み干せるおいしさです。

イートインで、気軽に札幌の人気ラーメンを食べられるのはありがたいですね。

麺屋 一馬は5月2日(火)までの出店なので、食べたい方はお早めに!

池袋東武の大北海道展で買ったもの

テイクアウトでお惣菜やお弁当、スイーツなど買いました。買ったものを紹介します。

掛村 バラロース盛り合わせ豚丼

醤油味のバラ肉とロースを食べ比べできる、帯広・掛村のお弁当(1,404円)

チーズを作る際に出る乳清で育てた豚「ホエー豚」を使用しています。脂肪に甘みがあるのが特徴だそう。

お肉がとってもやわらかくてジューシーでした。

蔵 サーモン贅沢三色弁当

札幌市「蔵」のサーモン贅沢三色弁当(1,836円)

かに、いくら、サーモン、うにの4種の海鮮が楽しめます。

こちらは家族が食べました。サーモンが新鮮でみずみずしくてとってもおいしい!と絶賛していました。

アリスファームのマフィン

何度もリピしている、大好きなアリスファームのマフィン。(1個451円~481円)

左手前から、アップルシナモン、さくらんぼショコラ。奥にあるのが、東武限定品の苺&チーズクリーム。

アリスファームのマフィンは甘さが控えめで、素材の味を楽しめるのがお気に入り。

ゴロンと大きなサイズなので、食べごたえがあります。

じゃがいもFACTORY 越冬じゃがバター

越冬じゃがバター(756円)

函館の「じゃがいもFACTORY」が販売する、越冬じゃがいも本来の甘みを楽しめるじゃがバター。

きたかむい、インカのひとみ(黄色)、ノーザンルビー(ピンク)、シャドークイーン(紫)の4種類の味が楽しめます。

インカのひとみは甘くて、まるでさつまいものよう。ほかのじゃがいもも、ほのかに甘みがあっておいしかったです。

KOKAGE いちごスイーツ缶

札幌「KOKAGE」のいちごスイーツ缶(841円)

さっぱりした十勝産生乳と旬のフルーツを使い、職人が丁寧に手作りしています。

たっぷりのいちごと生クリーム、ふわふわのスポンジが相性抜群!

思ったよりも甘すぎず、ペロリと食べきることができました。

佐藤堂の熊もなか

東武限定品の「赤肉メロン×北海道つぶ餡×ピスタチオ生チョコ・クリーム」(491円)

札幌「佐藤堂」の熊もなかは、木彫りの熊をモチーフにした、ユニークな見た目をしています。

中は、みずみずしい赤肉メロンに、ピスタチオ生チョコレートがたっぷり!

とろりとした濃厚なピスタチオクリームに、メロンのジューシーさがよく合います。新鮮なおいしさでした。

生のメロンが入っているので、賞味期限は当日中です。

Haus Von Frau Kurosawa バウムクーヘン

Haus Von Frau Kurosawa(ハウス フォン フラウ クロサワ)のかぼちゃバウムクーヘン(300円)

北海道の特産品「えびすかぼちゃ」を使用していて、しっとりと口当たりの優しい甘さが楽しめます。

かぼちゃのほくほく感を感じられて、おいしかったです。

インカのめざめ

インカのめざめじゃがバター(460円)

インカのめざめとバターが冷凍されていて、温めるだけでじゃがバタが楽しめます。

インカのめざめ大好きなので、いつでも食べられるように買ってみました。

井桁屋 昆布スープの素と鮭ごはんの素

知床羅臼(しれとこらうす)井桁屋。羅臼昆布をはじめとした海産物を手軽に味わえる商品を販売しています。

試食しておいしかった「羅臼昆布スープの素(972円)」と、「北海道産秋鮭の混ぜご飯の素(862円)」を買いました。

お湯で割るだけで、手軽に昆布出汁のおいしいスープが味わえます。

昆布の香り・風味がとても良く、ほっとする味わい。

うどんのつゆや卵かけごはんなど、さまざまなレシピに使える万能スープです。

富良野牧場

大地が育む自然なおいしさを大切にしている、富良野牧場。

チーズベーコン巻きと(864円)と、アスパラベーコン巻(972円)を買いました。

自然解凍OKで、お弁当にそのまま入れることができるのが嬉しい!

また食べたら食レポを追記します。

池袋東武 春の大北海道展 開催概要

  • 【イベント名】海明け 雪どけ ぐるめぐり大北海道展
  • 【場所】東武百貨店 池袋店 8階催事場
  • 【期間】
    1週目:2023年4月25日(火)~5月2日(火)
    2週目:2023年5月3日(水)~5月9日(火)
  • 【営業時間】10:30~19:00
  • 【住所】東京都豊島区西池袋1-1-25
  • 【電話】0570-086-102
  • 【アクセス】池袋駅西口 直結
  • 【駐車場】東武百貨店にあり
  • 【駐輪場】東武百貨店にあり

池袋東武で旬を感じる北国グルメを満喫しよう

食の王国・北海道から厳選したグルメが集まった大北海道展。

ゴールデンウィークの食卓を彩るグルメやお気に入りの味を探しに、池袋東武の大北海道展に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

池袋東武 ダイソー・Standard Products・THREEPPY を徹底レポート
ダイソー・Standard Products・THREEPPYの3ブランド複合店が池袋にオープンしました。スタンダードプロダクツ、DAISO、スリーピー 池袋東武店のアクセス、店内の様子、品揃え、推し活スポットを紹介します。
【但馬屋珈琲店】ランチとカフェ実食レポ!池袋東武のレトロ純喫茶
但馬屋珈琲店 池袋東武店のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にランチとカフェ注文した実食レポを紹介します。但馬屋珈琲店(タジマヤコーヒーテン)は、ネルドリップが特徴の老舗純喫茶です。
マキャベリ池袋東武店に行ってきた!老舗イタリアンの絶品ランチレポ
マキャベリ 池袋東武店のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にランチをした感想を紹介します。マキャベリはイタリア・トスカーナ地方のフィレンツェで200年の歴史をもつリストランテです。

※情報は記事掲載時のものです。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

イベント
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴11年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、目白、椎名町あたりによくいます。

としまらいふ