豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

池袋「トリュフベーカリー」に行ってきた!塩トリュフパン実食レポ【TRUFFLE mini】

【TRUFFLE mini】池袋にトリュフベーカリーの新店がオープン!白トリュフの塩パンなど実食レポ

2023年3月30日「TRUFFLE mini(トリュフ ミニ)」が池袋東口にオープンしました。

各地で行列ができる「TruffleBAKERY(トリュフベーカリー)」の新店が池袋に登場です。

この記事では池袋「TRUFFLE mini」のアクセスや店舗情報、販売メニュー、店内の様子、実際にパンを食べた感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

人気の白トリュフの塩パンなど10種類を実食レポート!

トリュフベーカリーは素材と味にこだわったパン屋

「TruffleBAKERY(トリュフベーカリー)」は、厳選された素材を使って作り上げた、おいしくて体に優しいパンを提供しするベーカリー。

2017年12月に門前仲町に1号店をオープンするとたちまち人気になり、現在は関連業態も含めて16店舗を展開しています。

今回池袋にオープンした「TRUFFLE mini(トリュフ ミニ)」は、2021年7月から始まったトリュフベーカリーの小型店業態。

現在は新橋駅、有楽町駅、御徒町駅、池袋駅、千葉駅にお店があります。

画像出典:公式Instagram

もともと運営会社では、輸入食材の販売をしていました。

食の分野に強みがあり、健康的で安心安全なパンを作るべく、素材には徹底したこだわっています。

専門食材を毎日の食卓で気兼ねなく味わってほしいという想いを込めて、看板メニューの「白トリュフの塩パン」を開発したそう。

王様のブランチ、ラヴィット!、じゅん散歩、ノンストップ他、数多くのテレビやメディアで取り上げられる大人気パンです。

池袋のTRUFFLE mini(トリュフ ミニ)に行ってきた

オープン初日と翌日に、池袋のTRUFFLE mini(トリュフ ミニ)に行ってきました!

場所は、JR池袋駅 東口(北)を出てすぐの場所。

入口には警備員さんが配置され、並び用のラインが張られています。

こちらは出口の様子。

オープン初日は、開店前から20人ほど行列ができていました。

オープン翌日に行ったときは列はありませんでしたが、10時半の時点で白トリュフの塩パンは売り切れでした。

パンは随時焼いているので、スタッフに聞くと焼き上がりの時間を教えてもらえます。

店内はレンガや木目を基調とした、ナチュラルでおしゃれな雰囲気。

アメリカの西海岸エリアを意識して作られた内装だそう。

入店は6名ごとに制限されているため、ゆっくり快適にパンを選ぶことができます。

店内はバターとトリュフの芳醇な香りに包まれていて、パンへの期待が高まります。

お店の人に「白トリュフの塩パン」以外のおすすめを聞いたところ、クロワッサン、明太子フランス、黒トリュフのサンドイッチだそう。

「白トリュフの塩パン」を目当てに来たのですが、おいしそうなパンがたくさんで色々買ってしまいました。

テーブルロールから食パン、お食事系パン、甘いパンまで、さまざまな種類のパンを販売しています。

トリュフベーカリーでは食材に徹底的にこだわり、子供から大人まで安心して食べられるよう、限りなく化学調味料は使わず作っているそう。

おいしくて体に優しい人気のパンが池袋で気軽に買えるようになったのは、嬉しいですね。

池袋のTRUFFLE mini(トリュフミニ)販売メニュー

TRUFFLE mini JR池袋東口店で販売しているパンのなかから、いくつかご紹介します。

※価格は訪問時のものです。今後変わる可能性があります。

白トリュフの塩パン(220円)

トリュフベーカリーの看板商品。自家製トリュフバターとトリュフソルト、トリュフオイルを3段階使用した贅沢なロールパン。

私が行ったときは、1人3個までの購入制限がありました。(今後変わるかもしれません)

パンオレザン(356円)

自家製カスタードとラムレーズンをぐるっと巻き上げた、おいしそうなパンオレザン。

バターとバニラビーンズがしっかり香る、しっとり食感のデニッシュです。

カカオニブ(238円)

香ばしいカカオニブ(カカオ豆を砕いたもの)と自家製チョコカスタードを巻き込み、コロンと丸く焼き上げたチョコパン。

蔵前の人気チョコレート専門店、ダンデライオンのチョコレートを使用しているそう。

シナモンロール(280円)

ふんわりブリオッシュ生地に自家製のチーズクリームがのったシナモンロール。

ほんのりとした甘さの生地と、さっぱりしたクリームが絶妙な味わいだそう。

左:ベーコンパン(398円)
右:オリーブパン(398円)

もちもちの湯種バゲットの生地に、ベーコンやグリーンオリーブを入れて焼き上げたパン。

シンプルなお食事パンは、料理やワインによく合いそうですね。

焦がしコーンマヨ(257円)

お惣菜パンの定番のコーンマヨパン。ほんのり酸味のある自家製マヨネーズとスイートコーンがたっぷり。

焦がしコーンが香ばしさをプラスしています。

左:3種のきのこのタルティーヌ(430円)
右:ポテトとベーコンのタルティーヌ(430円)

ハードパンに合う自家製ホワイトソースに、ほくほくのベーコンやジューシーなきのこをのせたタルティーヌ。

無添加チーズをたっぷりのせて焼き上げた、食べごたえのあるお食事パン。

バゲット(ハーフ 178円/1本 356円)

小麦本来の旨味や香ばしさを楽しめる、こだわりのオリジナルバゲット。

角食パン(クォーター 230円/ハーフ 460円)

生クリームをたっぷり使用した、リッチな角食パン。厚切りにしてそのまま食べてもおいしいと評判です。

左:ココナッツパインケーキ(410円)
右:レモンケーキ(410円)

発酵バターをたっぷり使用した香りの良い生地に、ドライパインとココナッツを入れた南国気分が味わえるパインケーキ。

レモンケーキはほろ苦いレモンピールを混ぜ込んだ、大人な味わい。

TruffleBAKERYオリジナルブレンド(ドリップコーヒー)と、チーズサブレアソート。

6種類のチーズサブレがセットになった、濃厚な焼き菓子です。

白トリュフの塩パンなど10種類 実食レポ

TRUFFLE mini(トリュフミニ)のオープン初日と翌日に、いろいろなパンを買ってきました!

シンプルなロゴが入ったショッパー(10円~)がオシャレ。

賞味期限はできれば当日中、翌日朝までとのことでした。

白トリュフの塩パン

白トリュフの塩パン(220円)

自家製のトリュフバターを巻き込んで焼き上げ、仕上げにトリュフオイルとトリュフ塩を添えた人気のパン。

旨味と甘味を持ったカナダ産一等級粉や、フランス産のエキストラファインソルト、イタリアアルパ産の白トリュフなど、こだわりの素材を使用しています。

パンの紙袋に入った状態でもわかる、トリュフのおいしそうな匂いがたまりません。

サイズは通常のテーブルロールの1.5倍くらいあり、結構大きいです。

ひと口食べると、想像以上のトリュフ感にびっくり! トリュフの香りと風味が口の中いっぱいに広がります。

生地はもっちり弾力があり、上品な塩味とよく合います。噛めば噛むほど旨味があふれてきて、とてもおいしいです。

そのまま食べてもおいしかったですが、軽く温めると中からトリュフ風味のバターがジュワッとあふれて、さらにおいしくなりました。

スパイシーポーク焼きカレーパン

スパイシーポーク焼きカレーパン(389円)

こちらは洋風カレーパンではなく、ココナッツ香るオリエンタルなスパイスカレーパン。

個人的に、いい意味で予想を裏切られたハマる味でした。

コロナ禍で海外旅行に行けない時期に、パンで異国を感じてほしい!という想いで作られたパンだそう。

中はしっかり辛さのあるスパイスカレーに、ココナッツソースが入っています。

まろやかなココナッツの風味を感じた後に、しっかり辛さがやってきてとてもおいしいです。

(結構辛いので、子供は食べられないと思います。)

スパイスカレーが好きな人におすすめの一品です。

パンオショコラ

パンオショコラ(356円)

バター100%使用のザクッとした食感のデニッシュに、甘いチョコレートを巻き込んだパンオショコラ。

チョコレートは、フランスの最高峰ともいわれる「ヴァローナ」を使用しているそう。

チョコにも妥協せず、こだわっています。

軽く温めて食べると、バターとチョコが溶けだしてとても濃厚なおいしさでした。

シナモンシュガーロール

シナモンシュガーロール(410円)

バターたっぷりの生地にオーガニックシナモンシュガーをまぶした、シナモンシュガーロール。

シナモンシュガーロールはサンフランシスコで定番の菓子パンで、現地で食べた味をヒントにしているとか。

コロンとした形が可愛いですね。

中は何層にもなったデニッシュで、外はザクッと、中はしっとりした食感が楽しめます。

シナモンがしっかり感じられる、上品な甘さのシナモンロールでした。

バタークロワッサン

バタークロワッサン(356円)

ザクッとした食感とジュワッと広がるバターにこだわり抜いた、特製オリジナルクロワッサン。

開店当時から試作や改良を繰り返し、5回もリニューアルしているそう。

クロワッサンへのこだわりが感じられますね。

ザクッと軽い口当たりだけど、芳醇なバターの香りはしっかり感じられます。

生地は軽いけどもちもちしていて、食感がとても良かったです。

そのまま食べてもおいしかったですが、温めるとバターの香りとジュワッと感が増してよりおいしくなりました。

 稚加榮の明太子フランス

稚加榮の明太子フランス(430円)

博多の老舗料亭「稚加榮(ちかえ)」の明太子を贅沢に使用した、日本初の明太子フランス。

しっかり出汁が効いた無添加明太子とバターは、相性抜群。

もちもち食感の湯種バゲットにたっぷり塗って焼き上げています。

この明太子の粒々感がたまりません……!

バゲットはこの明太フランスのために開発したもので、湯種で仕込んでいるそう。

外側パリッと中はモッチリ、明太子の塩気がたまらないお食事パンでした。

ホットドッグ

ホットドッグ(646円)

ジューシーな粗挽きソーセージを巻き込んだ、ボリュームたっぷりのホットドッグ。

もっしりした生地で包まれています。

粒マスタードとキャベツが入っていて、ほどよくさっぱりした飽きない味わい。

粗挽きソーセージがかなり大きいので、しっかり食べごたえがありました。

メロンパン

メロンパン(238円)

アーモンド感たっぷりのザクッとしたクッキー生地がおいしい、メロンパン。

サイズは小さめですが、風味が豊かでとっても満足感があるおいしさです。

外はザクザク、中はふわふわで、異なる食感がとても楽しいです。

香り高く上品な甘さで、クリーミーな濃厚さを感じました。

我が家の子供たちからは、このメロンパンが一番人気でした。

大人のラムレーズンサンド

大人のラムレーズンサンド(257円)

クリームチーズベースのクリームに、ラム酒に漬け込んだレーズンをたっぷり入れたラムレーズンサンド。

もちもちの生地に、濃厚なラムレーズンクリームがおいしかったです。

甘すぎない、大人の味わいでした。

黒トリュフのタマゴサンド

黒トリュフのタマゴサンド(650円)

自家製黒トリュフソースを使用したたまごサラダをたっぷりサンド。

トリュフベーカリーでは、白トリュフの塩パンに次ぐ人気No.2の商品だそう。

白トリュフの塩パン同様、こちらもトリュフの存在感がすごいです。

黒トリュフ&トリュフオイルを混ぜ込んだたまごフィリングは、トリュフの風味がしっかり感じられます。

まろやかなたまごフィリングと濃厚なトリュフ、合いますね。くせになるおいしさです。

たまごフィリングに混ぜ込まれた、黒いトリュフの点々。

パンは、サンドイッチ専用に焼き上げたものだそう。

トリュフベーカリーのパンすべてに共通して言えますが、こちらも生地がもちもちでした。

キムタクやジャニーズもハマった味

2019年10月のTBS「グッとラック!」では、木村拓哉さんがトリュフベーカリーを紹介。

白トリュフの塩パンと、黒トリュフの卵サンドをドラマ撮影の差し入れに持っていくそう。

また、YouTube「ジャにのちゃんねる」では、二宮和也さんが白トリュフの塩パン100個をジャニーズメンバーに差し入れしていました。

ジャニーズメンバーたちから「おいしい!」と大好評で、ひとりで何個も食べるメンバーが続出。

どこで売ってるの?どこのパン?と興味津々なメンバーがたくさんいました。

また、2023年3月のTBS「ラヴィット!」では、「美 少年」の岩崎大昇さんが白トリュフの塩パンを紹介しています。

食べた人を虜にする白トリュフの塩パン。キムタクやジャニーズメンバーがハマるのも納得のおいしさです。

TRUFFLE miniでお気に入りのパンを見つけよう

今回初めて食べたトリュフベーカリーのパン。

人気の「白トリュフの塩パン」はもちろん、それ以外のパンもとてもおいしかったです。

トリュフのような、普段はあまり見る機会がない食材を気兼ねなく食べられるのは、嬉しいですね。

池袋駅東口の改札外という便利な場所にあるので、新しい味を探しに気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

TRUFFLE mini JR池袋東口店のアクセス・営業時間

JR池袋駅 東口(北)を出てすぐの場所にあります。「母子像」のすぐ横、2023年2月に閉店した NewDays KIOSK 跡地です。

  • 【営業時間】8時半~20時
  • 【定休日】なし
  • 【住所】東京都豊島区南池袋1-28
  • 【アクセス】JR池袋駅 東口(北) 徒歩0分
  • 【座席】なし
  • 【支払い】現金、交通系IC決済、クレジットカード
  • 【HP】公式サイト

※販売メニューや価格は訪問時のものになります。今後変わる可能性があります。

 

ベーカリーカフェフラミンゴに行ってきた!11月3日池袋に喫茶フラミンゴが移転オープン
池袋西口に「ベーカリーカフェフラミンゴ」が2022年11月3日にオープンしました。 「喫茶フラミンゴ」が移転オープンして、焼き立てのパンが楽しめるベーカリーカフェに生まれ変わりました。 この記事では「ベーカリーカフェフラミンゴ」のアクセスや...
【PANTES】パンテス池袋店が9月9日オープン!人気のあん食パンを買ってみた
パンテス池袋店(PANTES)のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にあん食パン・あんぱんを買った感想を紹介します。
巣鴨のパン屋「ブーランジェリー・ボヌール」実食レポ!地蔵通り商店街にオープン
ブーランジェリー・ボヌール 巣鴨店のアクセスや店舗情報、販売メニュー、店内の様子、実際にパンを食べた感想を紹介します。お地蔵パン・あげぱんなど、巣鴨のブーランジェリーボヌールでは限定商品があります。