豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

「P-144(パピヨンビル)」が池袋東口にオープン!地域の新たなコミュニティ拠点

「P-144」が池袋東口にオープン!地域の新たなコミュニティ拠点・パピヨンビル開業
上記写真:サンシャインシティ提供

2023年3月1日に「P-144(ピーイチヨンヨン)」が池袋東口のPAPILLON BLDG.(パピヨンビル)にオープンします。

サンシャインシティが運営する池袋の新たなコミュニティ拠点となる施設で、パブやイベントスペース、ポップアップストアなどを展開します。

この記事では「P-144」のアクセスや施設情報、ビル内の様子、実際に行った感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

オープン前の内覧会に参加してきました! 地域に何か面白いことを提供してくれそうで、ワクワクします

P-144(ピーイチヨンヨン)は新たなまちのコミュニティ拠点

「P-144(ピーイチヨンヨン)」は、パブやイベントスペースが複合した施設。

サンシャインシティとgood mornings 株式会社による共創プロジェクトで、2023年3月開業の PAPILLON BLDG.(パピヨンビル)の全フロアを用いて運営します。

「サンシャインシティの新たなチャレンジとして、新たなまちのコミュニティ拠点を作りました。街の人たちが交流し、触れ合える場になればいいなと思います。」
(サンシャインシティ まちづくり推進部 倉林さん)

「P-144」の名称は、PAPILLON BLDG.の頭文字と、ビルの所在地「東池袋1-4-4」に由来しています。

まちの新たなコミュニケーション拠点として、さまざまな企画を予定しているそう。

食・アート・エンタメ・ビジネスなど、多様な人たちが集い、交流し、新たなカルチャーを育む場を目指しています。

  • パブ・イベントスペースの複合施設
  • 多様な人・カルチャーが集う新たなまちのコミュニティ拠点
  • イベント・ギャラリー・ポップアップショップを展開
  • オリジナルクラフトビールやエスニック・薬膳などフード提供あり

PAPILLON BLDG.(パピヨンビル)とは?

上記写真:サンシャインシティ提供

PAPILLON BLDG.(パピヨンビル)は、サンシャインシティが開業するビルの名称。

パピヨンビル全体で運営する施設名が「P-144(ピーイチヨンヨン)」となります。

環境負荷の軽減のため、築60年のビルを建て替えせずにリノベーションしています。

5階建から3階建への減築工事をすることで、耐震性を確保したそう。なかなか聞かない面白い取り組みですよね。

パピヨンビルの名称は、新たなコミュニティ拠点に集う人を「羽を開くパピヨン(蝶)」に例えたことに由来しています。

フランス語では蝶と蛾を区別せず、両方とも「パピヨン(papillon)」で表すそう。

蝶と蛾に区別がないように、公人や個人、年齢、性別を区別せず、多様な人が訪れ、自分らしく羽を開ける場所にしたいという想いが込められています。

多様性を大事にし「誰もが主役になれるまち」を掲げる豊島区に通ずる、素敵なビル名だと思いました。

P-144(ピーイチヨンヨン)に行ってきた!

「P-144」の内覧会に行ってきました!

PAPILLON BLDG.(パピヨンビル)は池袋東口から徒歩1分。以前はクロサワ楽器店 池袋本館があった場所です。

ビルは、地上3階、地下1階建て。延床面積は約79.71坪あります。

屋上もあるそうですが、現在はまだ活用予定はないとのこと。今後何か利用する機会があるといいですね。

【1階】立ち飲みできるパブスペース

上記写真:サンシャインシティ提供

1階は開放感のあるパブスペース。

ビル内は白と木目を基調とした、明るくナチュラルな雰囲気。

ところどころにグリーンが飾られていて、癒されます。

ウイスキーや焼酎、ワインなど、さまざまなお酒。

上記写真:サンシャインシティ提供

ズラリと並んだビールサーバー。

パブでは「パピヨンビール」と名付けた6種類のオリジナルクラフトビールのほか、アジアンティーやモクテル(ノンアルカクテル)が楽しめます。

仕事や遊びの帰りに気軽に立ち寄って、ちょっと一杯なんて使い方ができそうです。

エレベーターがないため、ビル内の移動は階段で行います。

とても日当たりが良く、階段の窓からも光が差し込み、真っ白な壁を照らしてくれます。

1階と2階のあいだの踊り場にある、ちょっとした休憩スペース。

秘密基地みたいで、なんとも遊び心をくすぐる雰囲気。

【2階 】カフェ・パブの飲食スペース

上記写真:サンシャインシティ提供

2階は飲食ができるパブ・カフェエリア。明るく開放感のある室内にテンションが上がります。

エスニック×薬膳をテーマにした居酒屋メニュー、飲み比べも楽しめるクラフトビール、アジアのお茶メニュー、ノンアルコールドリンクなどを提供しています。

ランチでは薬膳カレーを軸に、魯肉飯、麺ものなどがあり、パブ・カフェとしてカジュアルに利用できそうです。

見晴らしの良いカウンター席は、電源完備。

ノンアルコールのモクテル。見た目も可愛い!

ランチの薬膳カレー、ドリンクやおつまみなど、いろいろ食べてきました!

メニューの詳細や実食レポは、以下の記事で紹介しています。

【実食レポ】池袋に新オープン!「P-144」のカフェ・パブが最高すぎた【パピヨンビル】
池袋・パピヨンビル「P-144(ピーイチヨンヨン)」の店内の様子、パブ・カフェのメニュー、実際に料理を食べた感想を紹介します。エスニックと薬膳をテーマにした料理やクラフトビール、アジアンティーなど、こだわりのオリジナルメニューを展開しています。

【3階】イベントスペース GARDEN

上記写真:サンシャインシティ提供

真っ白な壁と窓に囲まれた、明るく広々としたイベントスペース。

トークショーやギャラリー、イベント、ポップアップストアなど、さまざまな用途で利用できます。

「P-144」でも地域のさまざまな企業・パートナーとのコラボを予定しているそうです。

2023年3月13日(月)までは、パピヨンビル「P-144」の世界観を表現した展示が行われています。

2023年3月17日(金)~4月16日(日)までは、池袋で活動する「STUDIO201」がアートイベントを開催予定です。

「P-144」では、イベント開催を通して、新たなまちの交流・共創の場を創り発信していくとのこと。

抜群の環境をいかせるこのスペースで、今後どんなイベントが開催されるか楽しみですね。

【地下1階】プライベートルーム

地下1階のプライベートルームは、隠れ家感のある落ち着いた雰囲気のスペース。

予約制で時間貸しをしていて、会議やイベント、個室飲み会などに使うことができるそうです。

座り心地の良いクッションの椅子。ゆったりくつろげそうです。

ライブラリーにはたくさん本が並び、ブックカフェのような雰囲気も。

good mornings 株式会社の社長のお気に入りの本が並んでいるそうです。

P-144(ピーイチヨンヨン)が新たな交流の場になりそう

池袋のより一層の発展に向けて、「なんか面白いこと、その創造力を街の力に」をスローガンに街づくりにも力を入れているサンシャインシティ。

池袋駅東口すぐに地域のコミュニティ拠点となる場所を作るという試みは、池袋にまた新しい風を吹かせてくれそうです。

お酒を片手に羽を広げてくつろいだり、イベントで刺激を受けたり、おいしいランチでお腹を満たしたりと、思い思いの時間を過ごすことができる「P-144」。

新たなまちの交流・共創が生まれる面白い場所になりそうで、とても楽しみです。

※パブのメニュー詳細や実食レポは、以下の記事で紹介しています。

>>関連記事:【実食レポ】P-144 のカフェ・パブでエスニック×薬膳を食べてきた

P-144(ピーイチヨンヨン) アクセス・概要

「P-144」の場所は、池袋駅東口から徒歩1分。サンシャイン通り沿いの「はなまるうどん」「眼鏡市場」などが並ぶあたりです。

  • 【ビル名】PAPILLON BLDG.(パピヨンビル)
  • 【施設名】P-144(ピーイチヨンヨン)
  • 【営業時間】
    [ランチ] 11時半〜15時(L.O.14時)
    [TEA] 平日 15時~17時
    [PUB] 平日 17時〜23時 /土日祝 15時~23時(L.O.22時)
  • 【定休日】不定休
  • 【住所】豊島区東池袋1丁目4-4 PAPILLON BLDG
  • 【アクセス】池袋駅 東口 徒歩2分/33番出口 徒歩1分
  • 【Wi-Fi】なし
  • 【電源】あり
  • 【座席数】36席(2階)
  • 【駐車場/駐輪場】なし
  • 【ベビーカー入店】×(エレベーターなし)
  • 【支払い】カード/交通系IC決済/d払い/auPay
  • 【ネット予約】食べログ
  • 【HP】公式サイト

 

サンシャイン60展望台 てんぼうパーク徹底レポ!絶景が楽しめる天空の公園
サンシャイン60展望台 てんぼうパークを徹底レポート!池袋のサンシャイン展望台がリニューアルオープンしました。設備や料金、子連れでの行きやすさなど解説します。
池袋東武 ダイソー・Standard Products・THREEPPY を徹底レポート
ダイソー・Standard Products・THREEPPYの3ブランド複合店が池袋にオープンしました。スタンダードプロダクツ、DAISO、スリーピー 池袋東武店のアクセス、店内の様子、品揃え、推し活スポットを紹介します。