豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

【池袋 君塚】マーボーそば実食レポ!創業40年 立ち食いそば・うどんの名店

【池袋 君塚】マーボーそば実食レポ!創業40年の立ち食いそば・うどんの名店

※君塚は、2023年5月31日に閉店します。

【閉店】池袋「君塚」が2023年5月31日に閉店!41年の営業に幕
池袋西口「立食そばうどん 君塚」が2023年5月31日に閉店します。昭和57年(1982年)創業、40年以上池袋西口で愛され続けている老舗です。

池袋西口の「君塚(きみづか)」は、昭和から続く老舗の立ち食いそば・うどんのお店。

「早い・安い・うまい」の3拍子が揃った、今も昔も多く人に愛されている名店です。

ここでは、「立食そばうどん 君塚」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に行った感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

テレビでも特集された、珍しいマーボーそばを食べたよ!

君塚は昭和57年創業の立ち食いそば・うどんのお店

立ち食いそばうどん 君塚

池袋の「君塚」は、昭和57年(1982年)創業の立ち食いそば・うどんの人気店。

昭和から平成、令和にかけて、40年以上池袋西口で愛され続けている老舗です。

メニューはそば・うどんのみならず、ラーメンやかつ丼、マーボー丼など、とっても種類が豊富。

池袋駅前の便利な立地にありながら、500円前後でお腹いっぱい食べることができます。

池袋 君塚 場所

君塚の場所は、池袋マルイ跡地近くの西口五差路。

再開発で周辺がどれだけ変わっても、40年前から変わらぬ佇まいで存在し続けている貴重なお店です。

立食そばうどん 君塚のアクセス・営業時間

以前は年中無休・24時間営業でしたが、現在は営業時間が決まっています。

  • 【営業時間】6時半~21時
  • 【定休日】日曜
  • 【住所】東京都豊島区池袋2-1-1 スギヤマビル 1F
  • 【電話】0339824419
  • 【アクセス】池袋駅 西口(中央)徒歩4分/C6出口 徒歩1分
  • 【座席】14席(立ち食いカウンターのみ)
  • 【喫煙】禁煙
  • 【駐車場】なし
  • 【駐輪場】なし
  • 【支払方法】現金のみ
  • 【HP】食べログ

立食そばうどん 君塚のメニュー

池袋 君塚 メニュー

メニューがかなり種類豊富なのが、君塚の特徴のひとつ。お店の中と外の壁には、所狭しとメニューが並びます。

そば・うどんのみならず、ラーメンや丼、カレーなどご飯メニューもあります。

とくに丼と麺のセットは、600円前後でお腹いっぱい食べられる人気メニューです。

※価格は税込。価格は変更になる可能性があります。

そば・うどん

メニューは、そば or うどんから選べます。

かけ 350円 月見(生卵) 420円
たぬき 420円 カレー 490円
かき揚げ天 460円 えびかき揚げ天 540円
なす天 470円 ごぼう天 480円
いか天 490円 ちくわ天 490円
春菊天 520円 きつね 450円
山菜 440円 とり天 470円
田舎 490円 特選 490円
コロッケ 460円 とろろ 480円
きす天 490円 天ぷら 460円
肉(豚もも) 480円 なっとう 480円
マーボー 450円 わかめ 440円

ラーメン

中華そば 430円 チャーシュー麺 620円

丼・ご飯もの

スープ or 味噌汁付き。

天丼 450円 かつ丼 560円
カレーライス 470円 マーボー丼 470円
えびかき揚げ丼 530円 おいなり一皿 140円

麺と丼セット

かけそば or かけうどん付き。

うま辛丼セット 570円 ねぎチャーシュー丼セット 570円
かき揚丼セット 570円 かつ丼セット 740円
カレーセット 570円 マーボーセット 570円
ハヤシセット 570円 納豆ご飯セット 570円
とろろご飯セット 570円 ざるそばセット 620円

池袋 君塚 かつ丼メニュー

麺と丼のセットでも、570円~740円で食べられるのが嬉しい!

全体的にメニューがとっても安くて驚きました。手軽にお腹いっぱいになりたいときにぴったりです。

君塚の「つゆ」は関東風・関西風から選択可能

君塚の「つゆ」は、かつお出汁がベースの味の濃い関東風です。お店の掲示には以下のように書かれています。

当店の「つゆ」は本がつおを主原料にじっくり熟成させ 老舗のそば職人が関東風に こくある旨さに仕立てた伝統ある味です

関西風のあっさりした白いつゆを希望する人は、「なにわ」と注文すると関西風にしてもらえます。(以下、お店の掲示より)

そば・うどんを関西なにわ味でご希望の方 [なにわ]とご注文してください

好みに合わせて選べる気遣いが嬉しいですね!

この価格帯の立ち食いそばでこのサービスは、かなり親切だと思います。

君塚のメニューはテイクアウトあり

立食いそばうどん 君塚 テイクアウト

お店のメニューには書いてありませんが、君塚はテイクアウトが可能です。

お店の窓ガラスに、さりげなく「TAKE OUT」の張り紙があります。

家やオフィスでゆっくり座って食べたいときに、テイクアウトは便利ですね。

注文時にテイクアウトを希望すると、持ち帰り容器に入れてくれます。

池袋の君塚に行ってきた!昔ながらのほっとする店内

池袋 君塚 外観

平日のちょっと早いランチタイムに、君塚に行ってきました!

前々から通りかかるたびに気になっていたけれど、訪問するのは初めて。

お店の前を通ると、出汁の良い香りがただよってきます。

池袋 君塚 セットメニューなど

これでもかと並ぶ、メニューの数々。どれにしようか迷ってしまいますね。

朝6時半から営業しているので、出勤前に朝ラーメンを楽しむ人も多いとか。

池袋 君塚 入口

昭和を感じる店構え。暖簾の「そば」の部分は、お客さんが入りやすいように留めてありました。

池袋 君塚 天ぷら単品

券売機方式ではなく、レジカウンターで口頭で注文します。(支払いは現金のみ)

レジ横にはトッピングの自家製天ぷらが並んでいて、どれもおいしそうでした。

店内が混んでいるときは、じっくりメニューを検討する時間がないかもしれません。お店の外であらかじめ決めておくと安心です。

池袋 君塚 店内の様子

立ち食い専門のお店なので、座席はありません。立ち食い用のカウンターのみです。

立ち食いそばうどん君塚 内観

道路に面した一面が窓になっているため、店内は日当たりが良く明るい雰囲気。

なんだかほっとするような、昔ながらの立ち食いそば店です。

池袋 君塚 店内のカウンター

店内は細長く、窓側と厨房側にカウンターがあります。正直、狭さは否めません。

満席のときは、店内ですれ違うときは注意が必要そうです。

池袋 君塚 卓上調味料

卓上調味料は、七味唐辛子とホワイトペッパー。レジカウンターには醤油や塩もありました。

池袋 君塚 窓側のカウンター

広くはないけれど、ひとりで食べるには十分な広さのカウンター。

私が行った平日11時ごろは、そこまで混んでいませんでした。12時台が一日で一番混むそうです。

時差来店サービスもあるので、要チェックです。

時差来店サービス

平日13時~14時に来店の人は、玉子無料サービス

クセになる組み合わせ!マーボーそば実食レポ

池袋 君塚 マーボーそば

あまりほかでは見かけない、珍しいマーボーそば(450円)を注文しました。

2021年10月放送の「沸騰ワード10」、2022年8月放送の「ウォーキングのヒム太郎」など、たびたびテレビでも紹介されているマーボーそば。

佐藤栞里さん、川田裕美さん、バナナマン日村さんが実際に訪れて食べています。

池袋 君塚 マーボーそばのアップ

かけそばに、たっぷりの麻婆豆腐。つゆが赤く、斬新な見た目をしています。

赤いマーボーにネギがたっぷりで、とってもおいしそう。

池袋 君塚 マーボーそばの豆腐

とろっとしたピリ辛の餡からんだ麻婆豆腐。挽肉もちゃんと入っています。

しっかりした食感の木綿豆腐がとてもおいしいです。

池袋 君塚 マーボーそばの麺

「麻婆豆腐は飲み物」ってタレントの若槻千夏さんが昔言っていましたが、そばと一緒に食べていると本当に飲み物のように思えてきます。笑

そば自体は特別コシが強いわけではなく、ごくごく一般的な温かい立ち食いそばといった感じ。

麺の量が多く、食べごたえがありました。450円でお腹いっぱいになれるのは満足度が高いです。

池袋 君塚 マーボーそばのつゆ

甘じょっぱい関東風のつゆと、ピリ辛の麻婆豆腐。想像以上によく合います。

そばと麻婆豆腐の両方が楽しめる、新しいおいしさでした。

池袋 君塚 そば湯

スープは無料のそば湯で割って、最後まで楽しめます。(そば湯は注文カウンターにあります)

君塚のマーボーそば誕生秘話

お店の人にマーボーそばが誕生したきっかけについて聞いたところ、お客さんの一言で偶然生まれたものなのだとか。

マーボー丼のマーボーをそばにかけて欲しいとリクエストがあり、とてもおいしそうに食べていたそう。

それを見た店長もマーボーそばを食べてみたところ、思いのほかおいしかったのでメニューに加わったそうです。

偶然が生み出したマーボーそば、今ではテレビで特集される名物メニューとなりました。

池袋の君塚でおいしいそば・うどんをリーズナブルに楽しもう

歴史を感じさせる店内で食べるボリュームのあるそばは、とても満足感がありました。

注文するとすぐに出てくるので、急いでいるときや、小腹が空いているときにサクッと食べるのにも適しています。

何よりお手頃価格でお腹いっぱいになるので、気軽に行けるのが嬉しいです。

こういう昔ながらの立ち食いそばのお店は、いつまでもなくならないでほしいものです。

今度はほかのメニューも食べてみたいと思います。

 

肉汁うどん奥村 実食レポ!「飲み物。」系列のネオ進化系うどんが池袋に登場
「肉汁うどん奥村 池袋店」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に行った感想を紹介します。2022年6月19日池袋西口にオープンした、飲み物。系列の新店です。
【うちたて家 実食レポ】池袋で人気の武蔵野うどん!弾力あるムッチリ麺が最高
「うちたて家」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に行った感想ご紹介します。池袋で大人気の武蔵野うどん専門店です。
池袋マルイ跡地の用途が決定!地上28階の商業オフィスビルが2025年完成予定
池袋マルイ(丸井)の跡地に地上28階の商業オフィスビルの建築が決まりました。解体工事や建築工事の詳細や、現在の様子を紹介します。

※情報は記事掲載時のものです。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

グルメ
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴11年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、目白、椎名町あたりによくいます。

としまらいふ