豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

沖縄めんそーれフェスタに行ってきた!池袋・サンシャインシティで6月4日まで開催中

サンシャインシティ 沖縄めんそーれフェスタに行ってきた!沖縄物産展グルメレポ

2023年5月26日(金)~6月4日(日)まで、池袋のサンシャインシティで「沖縄めんそーれフェスタ」が開催中です。

開催前日のプレオープンに行って、沖縄グルメやスイーツ、お酒など沖縄物産展を楽しんできました。

この記事では、「第14回サンシャインシティ 沖縄めんそーれフェスタ」の会場の様子や、食べたものをレポートします。

沖縄めんそーれフェスタが5/26からスタート

2023年5月26日(金)~6月4日(日)まで、「第14回 サンシャインシティ 沖縄めんそーれフェスタ」が開催中です。

今年は4年ぶりに期間を10日間に延長し、物産展の出店数が過去最多の約50店舗で開催します。

沖縄物産展やライブステージ、サンシャイン60通りでのエイサー演舞など、池袋で沖縄を感じられる10日間になります。

  • グルメや名産品が楽しめる沖縄物産展
  • 屋外に「めんそーれビアテラス」をオープン
  • 噴水広場で沖縄伝統芸能や生ライブ
  • 5/28(日)はサンシャイン60通りでエイサー
  • サンシャイン水族館では沖縄仕様の解説
  • P-144で沖縄メニューを提供

>>関連記事:サンシャインシティ運営「P-144」のカフェ・パブに行ってきた

沖縄グルメや特産品など島のめぐみが大集結

サンシャインシティ4階の展示ホールAで開催されている、沖縄めんそーれフェスタの物産展に行きました。

沖縄料理や特産品など、過去最多となる約50店舗が出店しています。

会場の中から、気になったものをいくつかご紹介します。

豪快にカットされたパイナップルと、沖縄名物のゴーヤー。

那覇で50年営業する老舗「でいごフーズ」。

塩漬けやキムチ漬けの島らっきょうや、ゴーヤーの漬物を売っていました。

サーターアンダギー専門店の三矢本舗。

黒糖、プレーン、紅芋、パイン、アールグレイの5種類が並びます。

サーターアンダギーは会場内のフライヤーで揚げているので、できたての味が楽しめるのが嬉しいですね。

こちらも三矢本舗の商品。沖縄の隠れた人気スイーツ「幻の味三矢ブルース」。

しっとり・もっちり・ふんわりの三大食感が味わえる、カステラのような焼き菓子です。

具志堅商店の黒糖アガラサー(300円)

アガラサーとは「蒸す」「蒸し器」という意味で、沖縄では蒸しパンのことだそう。

ふっくらもちもちの黒糖蒸しパンの中に、黒糖のかけらが入っています。

くるくるっとリング状になったスパイシーポテト(600円)

甘辛味の鶏の唐揚げ(600円)

生の島らっきょう。沖縄食材を買えるのも物産展の醍醐味ですね。

会場でカットしている、ジューシーな冷やしパイン串と、カットパイン。

カットマンゴーやマンゴーの果実。南国感がたまらないです。

「美ら園」の数量限定パーティーセット(3,000円)

あぐー焼餃子やザーサイ、肉ニラバーグ、あぐー焼売など、6種の味が一度に楽しめるお得なセットです。

命豚(ぬちぶた)ファームのグルメセット。

ワイルドポークステーキとウインナー、ゴーヤーのピクルスがセットになっています。

お酒のおつまみにぴったりですね。

(ちなみに沖縄では、ゴーヤはゴーヤーと伸ばすのが一般的だそう)

金武町観光協会の金アグー焼売(5個 1,000円)

会場で蒸したてのホカホカを販売しています。

金武町のタコライス(900円)

沖縄の金武町(きんちょう)はタコライス発祥の街だそう。知らなかった……!

お店の人によると「本物のタコライスは温玉は入っていない」とのことでした。

シークワーサーやハイビスカスなど、南国感あふれるサワーの素。

一番右の泡盛珈琲のリキュールも気になります。

沖縄の泡盛は、さまざまな種類のものが売っていました。

写真は久米島の久米仙の球美島(2,310円)

島とうがらしやガーリックオリーブオイルなど調味料もズラリ。

沖縄県南城市のゆるキャラ「なんじぃ」のキャラクターグッズ。

ハートのおひげがチャームポイントの可愛いおじぃちゃんです。

恩納村観光協会では、沖縄そばやもずく丼、にんじんシリシリなど、沖縄のソウルフードを販売。

沖縄石垣島名産、マーミヤかまぼこのタラシ揚げ。

かまぼこの生地に人参とゴボウを混ぜて作った、一口サイズのかまぼこです。

かまぼこ屋が考えたマーミヤ餃子。(6個で500円)

ニンニク味、ツナ味の2種類ありました。

13世紀から起源を持つといわれる「琉球びんがた」グッズ。

独自の染技で育まれてきた、沖縄の染物です。

色鮮やかな模様がとても綺麗ですね。

ガッツリしたステーキメニューも。

焼肉屋さんなどで見かけるミスジ肉を豪快なステーキにしています。

会場内にはフードコートがあり、買ったものをその場で食べることができます。

物産展会場内の特設ステージでは三線ライブが開催されて、とても盛り上がっていました。

おいしい沖縄グルメと音楽に包まれて、至福のひとときを過ごせます。

沖縄物産展の会場は屋外にもあり、こちらでも飲食が可能です。

オリオンビールの提灯がたくさん出ていて、お祭りのような雰囲気にテンションが上がりました。

こちらの「めんそーれビアテラス」は完全予約制。

ビアテラス専用ステージの生ライブも鑑賞できる特等席です。

事前に時間指定のビアテラスセット(3,000円)を購入する必要があります。

>>詳細:公式サイト

沖縄そば専門店の宜野湾そば。

OKINAWAN BAR MAMIANAでは、串焼きやフルーツのお酒、沖縄カキ氷を販売。

カキ氷はシロップかけ放題で、写真のようにカラフルにデコレーションできます。

ボリュームたっぷりの牛ステーキマース焼き(700円)。

沖縄名物のスパム串(400円)

こんなに大きなスパム、初めて見ました。

もずくの天ぷら。(1パック500円)

アグー沖縄そばの人気店「ナンクル796」。

ボリュームたっぷりのアグー沖縄そばと、変化球のバターチキンカレーそばを販売しています。

【実食レポ】沖縄物産展で沖縄グルメを満喫

OKINAWAN BAR MAMIANA のスパークリングシークワーサー(600円)

スパークリングワインのカヴァに、香り高いシークワーサーの果実が丸ごと入っています。

シュワッとした喉ごしがたまりません。

シークワーサーをストローで潰すとジューシーな酸味が増して、さらにおいしくなりました。

昭和23年創業の老舗「多良川」の泡盛やクラフトジン、オリオンビールと一緒に。

ものすごい酒飲みの卓みたいになってしまった……。笑(お酒の撮影協力:ボランティア団体の池袋フィールドワークさん)

こういう開放的な屋外で飲むお酒は最高ですね。

沖縄そば専門店「宜野湾そば」の沖縄そば(700円)。

鰹節と醤油のあっさりしたスープは、8時間煮込んで作っているそう。しっかり出汁がきいていました。

ホロホロやわらかい豚肉と、コシのある麺がとってもおいしかったです。

ブルーシールアイスクリームがサンシャインシティに帰ってきた!

こちらは、シングルサイズのウベ(紅山芋)430円。

やや粘りがあり、芋のまろやかな風味が特徴的な優しい味のアイスです。

>>関連記事:サンシャインシティのブルーシールアイスクリームが8月31日に閉店

美ら園の「あぐー焼きそば」800円。

沖縄ブランド豚肉「あぐー豚」。沖縄本土以外では流通しない希少な豚肉だそう。

こちらはテイクアウトして家族と一緒に食べました。

あぐー豚はとってもやわらかく、旨味と甘みが凝縮されたおいしい肉でした。

焼きそばとも相性抜群です。

同じく美ら園の「あぐー豚揚餃子」900円。

焼き餃子(900円)と迷っていたら、お店の人に揚げ餃子をおすすめされたのでこちらに。

パリッと揚がった皮の中には、ジューシーなあぐー豚がたっぷり。

薄めの味付けが、あぐー豚の旨味をより引き立てていました。

三矢本舗の三矢ボール(300円)と黒糖サーターアンダギー(200円)。

三矢ボールはタピオカの粉を練りこんだ、もちもち食感の揚げ菓子。

黒糖サーターアンダギーは、外側はサクッと香ばしく、中はふわっとした食感。

油っぽさがなく、何個でも食べられそうなおいしいサーターアンダギーでした。

沖縄めんそーれフェスタで沖縄文化を体感しよう

グルメや音楽など、池袋が沖縄であふれる「サンシャインシティ 沖縄めんそーれフェスタ」。

おいしく食べたり飲んだり、来場者がみんな笑顔で楽しそうにしている様子が印象的でした。

普段はなかなか買う機会がない、沖縄の魅力あふれる特産品に出会えて楽しかったです。

沖縄めんそーれフェスタで、沖縄の文化や魅力を感じてみませんか。

サンシャインシティ 沖縄めんそーれフェスタ 開催概要

  • 【場所】展示ホールA、噴水広場
  • 【期間】2023年5月26日(金)~6月4日(日)
  • 【営業時間】11時~21時(最終日は20時まで)
  • 【入場】無料・事前予約不要
  • 【住所】東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F
  • 【電話】03-3989-3377
  • 【アクセス】JR池袋駅東口 徒歩約10分/有楽町線 東池袋駅 6,7番出口 徒歩約5分
  • 【駐車場】サンシャインシティにあり
  • 【駐輪場】サンシャインシティにあり
  • 【HP】公式サイト

 

【閉店】池袋「君塚」が2023年5月31日に閉店!41年の営業に幕
池袋西口「立食そばうどん 君塚」が2023年5月31日に閉店します。昭和57年(1982年)創業、40年以上池袋西口で愛され続けている老舗です。
サンシャイン60展望台 てんぼうパーク徹底レポ!絶景が楽しめる天空の公園
サンシャイン60展望台 てんぼうパークを徹底レポート!池袋のサンシャイン展望台がリニューアルオープンしました。設備や料金、子連れでの行きやすさなど解説します。
セサミストリートマーケットが11月30日サンシャインシティにオープン!世界初の公式ストア
「セサミストリートマーケット(SESAME STREET MARKET)」が2023年11月30日、池袋のサンシャインシティにオープンします。カフェ・ワークショップ・物販の3つのサービスがあり、誰もが思わず笑顔になる場所を提案します。
サンシャインシティの無印良品をレポート!サンシャインシティアルパの大型店
無印良品 サンシャインシティアルパのアクセスや店舗情報、店内の様子、品揃え、お店の特徴などを紹介します。サンシャインの無印ではステージやディスプレイでさまざまな暮らしの情報を発信します。

※情報は記事掲載時のものです。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

イベント
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴11年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、目白、椎名町あたりによくいます。

としまらいふ