豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

池袋東武「SORAKARA OTODOKE」に行ってきた!JALの産直アンテナショップが期間限定オープン

2023年1月25日(水)~2月28日(火)まで、東武百貨店 池袋店に「SORAKARA OTODOKE」がオープンしています。

季節ごとの旬の味覚を全国から空輸でお届けする、産直アンテナショップです。

この記事では「SORAKARA OTODOKE」の開催情報や売り場の様子、実際に商品を食べた感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

JAL便による産地直送の名産品が東武に集結! JALグッズも買えます

旬の味覚を全国から直送「SORAKARA OTODOKE」

「SORAKARA OTODOKE(そらからおとどけ)」は、全国各地より旬の食材を産地直送でお届けするアンテナショップ。

全国の新鮮な食材や名産品を各地で販売して地域活性化につなげるという、JALの新しい取り組みです。

JALの高速鮮度輸送で届く食材は、収穫したての鮮度の高さが特徴。海産物は一度も冷凍せず、新鮮なまま販売します。

今回の東武百貨店 池袋店が「SORAKARA OTODOKE」出店第一弾で、全国で初めての開催となります。

  • 2023年1月25日(水)~2月28日(火)まで開催
  • 季節ごとの旬の味覚を産地直送で販売
  • JAL便での高速空輸による鮮度の高い食材
  • 青果や海産物・名産品・スイーツなど
  • 商品は旬にあわせて定期的に入れ替え
  • JALグッズや機内食カップ麺も販売

池袋東武「SORAKARA OTODOKE」に行ってきた

「SORAKARA OTODOKE」では、来店のたびに新しい商品に出会えるよう、定期的に商品の入れ替えを行っています。

私が訪れたときは、「冬のスイーツ」をテーマに、北海道から沖縄まで旬のスイーツや果物・地域の逸品が並んでいました。

2月中旬からは「全国鍋の陣」として、寒い季節の鍋にぴったりの旬の魚介類や野菜を販売予定だそう。

こちらは、さまざまな産地・品種のブランドいちごが集結する「いちごまつり」。

基本的に商品は朝どれの新鮮なものを並べていますが、時間がたった商品は適宜値下げをしているそう。

このときは、野菜・果物・冷蔵スイーツなどがすべて2割引~半額になっていました。

岡山県 美作(みまさか)農園のブランドいちご「おいCベリー」(1,404円 税込)。

大粒の真っ赤ないちごがとてもおいしそう。

こちらは、熊本県イチゴラスの「恋みのり」(1,728円 税込)。とても香りが良い品種だそう。

こちらも3割引きになっていました。

大分のブランドみかん、サンセレブ。

大分県「おおいた中央柑橘連」の特選ブランドみかん「美娘(みこ)」。

秋田県の人気ローカルフード、たけや製パン「バナナボート」(281円 税込)。

生のバナナと生クリームをスポンジで包み込んだ、まるごとバナナの元祖と言える商品です。

1950年台から作られ始め、なんと70年もの歴史があるそう。

チョコレート、いちご、フルーツなど、いろいろな味がありました。

広島県から新鮮なまま直送した、生牡蠣。

北海道の煮だこや、ぼたん海老。

宮古島の甘くてジューシーなメロン。

私が行ったときは、ほとんどの果物や野菜に2割引~半額のシールが貼られていました。

タイミングが合えば、各地のブランドフルーツや野菜をお得に買うことができます。

山形県のラフランス。

プチヴェール、芽キャベツ、わさび菜。

沖縄産のアテモヤ。初めて見るフルーツです。

パイナップルのような甘さと、柿のようなねっとりとした濃厚な食感から、「森のアイスクリーム」を呼ばれているそうです。

沖縄産のパッションフルーツ。

JALの人気カップ麺「ですかい」シリーズと、香川県のブランドキウイフルーツ。

JAL機内食のカップラーメン「ですかい」シリーズが池袋東武で手に入るなんて……!

JAL国内線のファーストクラス、または国際線のプレミアムエコノミークラス以上に搭乗しなければ食べることができない、レアなカップ麺です。

「そばですかい」「ちゃんぽんですかい」「うどんですかい」「らーめんですかい」の全4種類を販売しています。(1個 166円 税込)

大人気で、入荷するとすぐに売れてしまうそう。

通販でも購入できますが、15個や20個単位からの購入となってしまいます。1個単位で買えるのは嬉しいですね。

香川県の名産品、オリーブオイル。小豆島の高級エキストラバージンオリーブオイルです。

JALグッズの販売もありました。

こちらは、JALと「TNOC hokkaido(ティーノック ホッカイドウ)」がコラボしたトートバッグ。

JALの新千歳空港スタッフが考案した、機能性にこだわったバッグだそう。

ミニトートは4,400円(税込)、トートバッグは5,500円(税込)。

空港スタッフが普段持ち歩く物を調査し、それらがすべて収納できて、すぐに取り出せる使い勝手の良さが特徴。

ビジネスから普段使いまで、さまざまなシーンで使えそうですね。

【実食レポ】バナナボート・いちご・JAL機内食のカップ麺

秋田県のローカルフード「バナナボート」。(通常タイプと、いちごクリームタイプ)

ふんわりと焼き上げたスポンジケーキで、バナナとホイップクリームを包んだ洋菓子です。

いちごクリームの中身はこんな感じ。

パリッとした食感のチョコに、甘酸っぱいいちごクリーム、大きなバナナが丸ごと入っています。

スポンジが予想以上にふわっふわ! スポンジもいちご味がしておいしかったです。

クリームは甘さひかえめで、バナナの甘みが引き立つ上品な味でした。

こちらは、岡山県の人気いちご農園「美作(みまさか)農園」のブランド苺「おいCベリー」。

名前の通り、ビタミンCが豊富だそう。

食べてみると、いちごの中がほぼ全部赤くてびっくり!

ヘタの際まで真っ赤に完熟していて、とても甘くておいしかったです。

大粒で濃厚な風味のいちごは、食べごたえがありました。

JALオリジナルカップ麺「ですかい」シリーズ。製造会社はお馴染みの日清食品。

普通のカップ麺の約半分サイズなので、おやつや夜食にぴったりな量です。

気圧の低い機内食用に開発した、約85度と低い沸点で作れる特殊麺だそう。登山のお供にもよさそうですね。

こちらは「うどんですかい」。飛行機がデザインされたカマボコが可愛い!

お湯を入れて3分、うどんができあがりました。利尻昆布使用の関西風うどん。

伸びにくく歯ごたえのある麺に、優しい味のお出汁がたまりません。

油揚げがたくさん入っていて、小ぶりながらも食べごたえがありました。

写真左上から時計回りに、「うどんですかい」「ちゃんぽんですかい」「そばですかい」「らーめんですかい」。

JALのカップ麺は一度食べてみたかったので、4種類全部試せてとっても嬉しいです。

どれもおいしいので、おすすめです!

池袋東武「SORAKARA OTODOKE」営業情報

  • 【期間】2023年1月25日(水)~2月28日(火)
  • 【営業時間】10時~20時
  • 【定休日】東武百貨店に準ずる
  • 【住所】東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 地下2階 10番地
  • 【アクセス】池袋駅西口 直結
  • 【駐車場】東武百貨店にあり
  • 【駐輪場】東武百貨店にあり

場所は、地下2階プラザ館の10番地。ベーカリー「POMPADOUR(ポンパドール)」の隣にあります。

「SORAKARA OTODOKE」で各地の新鮮な名産品を探そう

「SORAKARA OTODOKE」は、初めて見る青果やスイーツ、名産品などを販売していて、とても面白かったです。

とれたての青果や野菜を産直で販売する物産展は、珍しいのではないでしょうか。

全国各地の新鮮な青果や名産品、隠れた逸品を探しに、池袋東武の「SORAKARA OTODOKE」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

※旬の食材を販売しているため、売り場の内容が変わる可能性があります。
※空輸のタイミングによっては、入荷待ちで品薄な場合があります。

お取り寄せスーパーつつうらが面白い!名産品が買える池袋のアンテナショップ
池袋「お取り寄せスーパーつつうら」のアクセスや店舗情報、店内の様子、実際に買い物をした感想を紹介します。バイヤー厳選の全国の名産品を販売する食品セレクトショップです。
「京の鳥どころ 八起庵」に行ってきた!池袋東武で親子丼と鴨なんばを食べてきた
八起庵(はちきあん)池袋東武百貨店のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に親子丼と鴨なんばを食べた感想を紹介します。京都の老舗鳥料理専門店です。
マキャベリ池袋東武店に行ってきた!老舗イタリアンの絶品ランチレポ
マキャベリ 池袋東武店のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にランチをした感想を紹介します。マキャベリはイタリア・トスカーナ地方のフィレンツェで200年の歴史をもつリストランテです。