豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

【2023年】雑司が谷 鬼子母神の御会式 10月16日(月)~18日(水)開催!屋台ありのお祭り

2023年10月、豊島区にある鬼子母神堂の御会式大祭が開催されます。

お神輿のかわりに万灯(まんどう)が何台も練り歩く万灯練供養は、幻想的な秋の風物詩として親しまれています。

この記事では、2023年度「鬼子母神 御会式大祭」の開催情報を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

昨年は縮小開催でしたが、今年は4年ぶりに大規模な万灯練供養が復活です!

鬼子母神 御会式大祭は雑司が谷の秋の風物詩

鬼子母神堂の御会式(おえしき)は、江戸時代から伝わる伝統行事。毎年10月16日~18日に行われ、30万人以上が集まる大きなお祭りです。

白い和紙の花で飾られた大きな万灯(まんどう)を掲げて、団扇太鼓を叩きながら雑司が谷周辺を練り歩く「万灯練供養」が名物です。

画像出典:IKE-CIRCLE

池袋西武百貨店前~明治通り~目白通り~鬼子母神堂~法明寺へと練り歩く万灯練供養は、幻想的な秋の風物詩となっています。

御会式の3日間は雑司が谷一帯に太鼓が響き渡り、鬼子母神堂周辺は多くの人でにぎわいます。

鬼子母神 御会式大祭 2023年の開催日

鬼子母神堂の御会式(おえしき)は、2023年10月16日(月)、17日(火)、18日(水)の3日間開催されます。

鬼子母神堂の前に、告知のポスターが掲示されていました。

鬼子母神堂の表参道の入口には看板が出ています。

2023年は万灯練供養が4年ぶりに復活

2023年度の鬼子母神 御会式大祭では、例年盛大に行われている「御会式連合会」「法明寺鬼子母神堂」による万灯練供養が4年ぶりに実施されます。

万灯練供養スケジュール

●10月16日(月) 18時半ごろから各町内会で実施

 

●10月17日(火) 19時半~
護国寺 清土鬼子母神 出発
不忍通り~目白通り~鬼子母神堂(20時頃着)

 

●10月18日(水) 19時~
池袋駅東口 出発
明治通り~目白通り~鬼子母神堂(19時半頃着)

 

※予定は変更になる可能性があります

17日(火)の出発場所は雑司が谷の鬼子母神堂ではなく、護国寺の清土鬼子母神(お穴鬼子母神)なのでご注意ください。

昨年同様、近隣の町内会による万灯練供養も行われます。

詳細は各町内会の掲示板をご確認ください。

鬼子母神 御会式大祭に屋台はある?

御会式では、鬼子母神堂の境内や参道に屋台が並びます。昨年もたくさんの屋台が出て賑わっていました。

夏市よりも屋台の数が多く、秋祭りの縁日が楽しめます。

数は多くないですがテーブルと椅子のスペースがあるので、その場で飲食可能です。

>>関連記事:鬼子母神 夏市をレポート!昔懐かしい縁日が楽しめる雑司が谷の夏祭り

鬼子母神 御会式の交通規制情報

万灯練供養を行う目白通りと明治通りでは、車線規制があります。

目白通り 飯田橋方面

雑司が谷駅周辺の目白通りで、10月18日(水) 19時~21時は車線規制が行われます。

明治通り 新宿方面

雑司が谷駅周辺の明治通りで、10月18日(水) 19時~21時は車線規制が行われます。

鬼子母神 御会式大祭 開催概要

  • 【場所】雑司ヶ谷 鬼子母神堂
  • 【期間】2023年10月16日(月)~18日(水)
  • 【住所】東京都豊島区雑司が谷3-15-20
  • 【アクセス】
    JR各線 池袋駅 東口 徒歩13分
    JR目白駅 徒歩10分
    副都心線 雑司が谷駅 1番出口 徒歩5分
  • 【屋台】あり
  • 【HP】鬼子母神堂 公式サイト

 

ヒロウチクレープが雑司が谷にオープン!もちもち生地が主役のクレープ屋さん
雑司が谷「ヒロウチクレープ」のアクセスや店舗情報、メニュー、店舗の様子、実際に食べた感想を紹介します。厳選した素材を使った、おいしくて体にやさしいクレープを販売しています。
アド街「雑司が谷」登場スポット・ランキングまとめ!2022年10月1日アド街ック天国
「出没!アド街ック天国」雑司が谷のランキングに登場したお店をまとめました。地図と実際の写真も掲載しています。雑司ヶ谷散策の参考にしてみてください。

※情報は記事掲載時のものです。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

イベント
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴11年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、目白、椎名町あたりによくいます。

としまらいふ